「どろろ」を巡る冒険或いは私的備忘録

「どろろ」の記事を掲載しています。ほぼ、それだけなので、「たわし」しかない雑貨屋状態です。挙句の果てに新アニメの記事は殆どありません。「たわし」といっても亀の子しか置いてないんです、すみません状態です。書いてる本人も如何なものか… と思ってるので、どうか御容赦下さい。

カテゴリー・舞台

劇団☆新感線「どろろ」 から、とりとめもなく… 

前回の「劇団☆新感線」からリンクして「中島かずき」先生つながりで、「天元突破グレンラガン」です。 この作品の元ネタは山田正紀先生の「宝石泥棒」「螺旋の月」です。 未読で興味のある方にはオススメです。 好みが分かれる作品だと思いますが、ヒロイッ…

劇団☆新感線「どろろ」

劇団☆新感線の公演で「どろろ」を見たことがあります。 と言っても演目が「どろろ」だったワケではなく、 新感線の「おまけ」で拝見したのです。 たしか…、公演は1993年の「てるみ&うぐいす」で、 上演後の「おまけ」として、古田新太さん (当時は細くて恰…

人形劇団「ひとみ座」70周年記念公演「どろろ」

人形劇団「ひとみ座」70周年記念公演「どろろ」 真っ直ぐな熱い少年漫画を感じさせる舞台。 1948年発足、代表作は「ひょっこりひょうたん島」 子供を対象にした作品やシェイクスピア作品など幅広い作品を上演し、伝統人形の研究と継承を活動の柱としている老…

劇団扉座 新浄瑠璃「百鬼丸」

劇団扉座 新浄瑠璃「百鬼丸」 手塚治虫原作「どろろ」のストーリーを「百鬼丸」のストーリーライン一つにまとめた本作は「呪われた子供の再生」という主題に焦点を当てて翻案されており、毒親育ちの子供ならこの舞台はいろいろと腑に落ちる点も多いのではな…