「どろろ」を巡る冒険或いは私的備忘録

「どろろ」の記事を掲載しています。ほぼ、それだけなので、「たわし」しかない雑貨屋状態です。挙句の果てに新アニメの記事は殆どありません。「たわし」といっても亀の子しか置いてないんです、すみません状態です。書いてる本人も如何なものか… と思ってるので、どうか御容赦下さい。

どろろのあゆみ【1】補足・当時の記事から

 

f:id:moke3:20200322053745j:plain

 

 昭和43年8月13日の東京中日新聞に掲載された記事、
どろろ」が「子供向け、陽気な妖怪もの」として紹介されています。
 記事内では、絵の左が主人公と紹介されており、
 虫プロの企画書でも、
・誰もの興味をひく「奇怪な物語」
「手」もなく「足」もなく「耳」「口」「目」「鼻」など身体の48ケ所がなく、人間とは言い難い主人公が、造りものの身体で、自分の分身とも言える48匹の妖怪と闘って、身体を 取り戻すという奇々怪々な物語は、その「異様さ」と「奇怪さ」とで総ての人の心を魅了せずにはおきません。
と、はっきり「百鬼丸」が主人公であると記載されていまして…
(「どろろ」も主人公です、…よ?)
 他にも、新聞の紙面に「どろろは四十八カ所が片輪で生まれた男の子が…」と差別用語を含む内容が掲載され、現在より規制は緩かった事など、いろいろと当時の様子が伺えます。
 また、朝日新聞(朝刊)・昭和44年4月8日のテレビ欄には、
『奇妙な魅力のマンガ「どろろ」』
「…水責めのシーンはベトナムを思わせるし、餓えはインドやアフリカの飢饉に取材しているのがわかる」
「腐った死体にハエがむらがるところや、死霊にしめつけられた悪者がみるまに白骨と化すシーンなどの残酷さはPTAの支持は得まいが、作品の魅力は軽視できない。話題作になりそうだ」
と「どろろ」が新番組として紹介されており、実際に取材したかどうかはさておき、当時の世相を想起させる内容で、旧アニメ「どろろ」が放送時より話題を集めていた事が伺えます。